スポンサーリンク
Stable Diffusion

進化するKrita AI DiffusionでAIグラビア作成の基本技術講座: Basic techinical course of AI Photos with Krita AI Diffusion

動画でKritaを使ってAIグラビア写真を作成する方法を解説したいと思います。 Kritaは、イラスト生成はもちろんなのですが、実はAIグラビア生成にも非常に便利です。今回は、KritaでのAIグラビアを作るための基本を解説したいと思います。 I would like to explain how to use Krita to create AI gravure photos. Krita is, of course, very useful for illustration generation, but it is actually very useful for AI gravure generation as well. In this article, I would like to explain the basics of creating AI photos in Krita. ※この記事は、動画に連動した記事です。YouTube動画と一緒にご覧ください。 This article is linked to the video; please view it along with the YouTube video.
Stable Diffusion

StableDiffusioinでAIグラビア写真集を作る入門基礎編2 高品質グラビア生成のためのモデル選びとプロンプト講座(YouTube連動記事)

Stable Diffusion 1.5系モデルを使って、高画質グラビアを生成方法を解説します。 SD1.5系で高画質グラビアを生成するための、基本スタイルを解説した後、プロンプト作成のノウハウやコツを、生成画像を見ながら、分かりやすく解説します。Stable Diffusionではプロンプトは、とても重要です。すべての応用テクニックの前の、基礎となる部分がプロンプトです。プロンプトで、思い通りの画像が生成できるようになると、Stable Diffusionの表現の幅も大きく広がります。
Stable Diffusion

画像から動画を作る新技術Stable-Video-Diffusion(SVD)環境構築 徹底解説

この記事では今年の11月末にリリースされた画像から動画を作成できるStable Video Diffusion(SVD)の環境構築方法を解説したいと思います。今のところ、最長で25フレームの短い動画しか作れませんが、1枚の静止画から動画が作れる非常に画期的な技術です。皆さんも実際にセットアップして、試してみてください。この記事の内容はYouTubeにもアップしていますので、是非そちらもご覧ください。
Stable Diffusion

KritaとStableDiffusionでリアルタイムお絵描き 環境構築編

フリーのペイントツールKritaにStableDiffusionのプラグインを導入して、リアルタイムでAIイラストのお絵描きをしてみます。 誰でもAIとお絵描きが楽しめるツールです。是非皆さんもこの記事を参考にご自分のパソコンに、Kritaとプラグインを入れて、AIイラストを楽しんでみてください。また、この記事の内容はYouTube動画としてもアップしていますので、是非ご視聴いただけたらと思います。
Stable Diffusion

StableDiffusionでAI美女グラビア写真集を作る/第1回 入門基礎編(YouTube動画連動記事)

StableDiffusionでAI美女グラビアの写真集の作成方法の動画をアップしました。この動画は、初心者向けの基礎から説明する内容になっています。ここでは、動画で説明した内容をより丁寧に説明していきます。動画の方も有料級の動画になっていると思うので、是非ご覧いただき、フォロー、高評価をお願いします。
ブログ

StableDiffusionでこれから画像生成AIを始めたい方への2023年冬のおすすめパソコン

画像生成AIはものすごいスピードで進化しています。今やDALL-E3などでも画像生成できますが、いろいろ本格的にやりたい方にはご自分のPCを買われるのをお勧めします。ここでは、2023年冬のボーナスにおすすめのパソコンを紹介します。一部、品薄で納期が掛かるものもあるかもしれませんが、年末年始の時間のある時に画像生成をやってみようという方は是非ご参考ください。
Stable Diffusion

動画作製に便利なAIを使ってニュース動画を誰でも簡単に作る方法

YouTubeでAIツールをいろいろ使った動画作成のメイキングビデオを作成しました。この記事はその動画の補足記事になります。是非動画本編もご覧ください。
Stable Diffusion

StableDiffusionで生成AI美女の踊ってみた動画を作ろう

スマホ等で撮影した動画からStableDiffusionのmov2movなどを使って生成AI美女の踊ってみた動画を作る方法を解説します。YouTubeショートやTikTokでの踊ってみた動画を老若男女関わらず作る方法をまとめています。これから生成AIを始めてみたいと思った初めての方も是非お試しください。
Stable Diffusion

初めての画像生成AIの手引き

ここ1年で画像生成AIは大きな進歩を遂げました。当初は専門知識が必要だったり、設定が面倒だったり、使ってみたけど思ったような画像ができなかったりということもありました。しかし、今ではBingのimage creatorでつかえるDALL-E3を代表として、非常に手軽に、高品質の画像がAIで生成できようになりました。ここでは、これから画像生成AIを勉強してみようとする方に向けて、画像生成AIの活用の手引きをまとめたいと思います。
Stable Diffusion

画像をプロンプトとして使うIP Adapterを分かりやすく解説

IP AdapterはStable DiffusionのControlNetで使うことができます。IP Adapterは画像をプロンプトとして使う技術です。これによって、画像の要素を組み込んだ画像を生成できます。今回、とても便利なIP Adapterの使用例をいくつか紹介したいと思います。
ブログ

Bing Image CreatorでDALL-E 3を使ってみた

Bingから使えるImage CreatorがDALL-E 3にバージョンアップしたということで早速使ってみましたが、画像生成のクオリティが向上し、その上、日本語のプロンプトを完全に理解してくれるなど、使い勝手が格段に上がっていることが分かりました。一方、版権キャラが簡単に生成してしまうなど、今後いろいろ問題を醸しだす可能性があることも分かりました。私の使ってみた感想は「凄いけど、凄すぎて心配になる」です。ご使用は自己責任でお願いします。
Stable Diffusion

EasyPromptAnimeでAI動画を作ってみた

EasyPromptAnimeはAnimateDiff prompt travelを改良したアプリで、Zuntanさんが開発したアプリです。実装が初心者にも分かりやすく、アップスケールやフレーム補完を実装しているので非常に簡単に使えます。ここでは、これからEasyPromptAnimeを使って動画を作ってみようという方に私がやってみた設定例をご紹介します。
環境構築

WindowsでPATHを通す方法

Windowsで初心者には分かりにくい「PATHを通す」についてわかりやすく説明したいと思います。
Whisper

Whisper WebUIで動画の字幕を無料でつける方法

ローカル環境にWhiper WebUIをインストールして、動画に字幕を付けてみました。OpenAIは有料でWhisper APIでの文字起こしサービスも提供していますが、自分でローカルにオープンソースのWhiperをセットアップすると無料で使うことができます。最近、動画を作る機会があって、Filmoraをインストールしました。購入した後で気付いたのですが、Filmoraで、自動字幕生成機能を使うには別途月額使用料が掛かります。しかし、Whisperを使えば無料で文字起こしができます。Whisper WebUIをローカル環境にインストールして、実際に動画に字幕をつけてみて使い勝手を確認しました。
環境構築

WindowsへのNVIDIA CUDAのGPU環境構築(2023年9月最新版)

最新のCUDA環境のセットアップの方法を解説します。以前の記事(2023年2月)のアップデート版になります。Stable DiffusionやWhisper、LLM系の各種アプリなどを手動のカスタマイズ環境でWindowsネイティブ環境にインストールしたい方向けの参考資料です。以前の記事も合わせてご参考いただければと思います。
Stable Diffusion

スマホでStable Diffusion WebUIを使える『生成AI GO』

オンラインでStable Diffusion WebUIを使える『生成AI GO』。実際に試しで出先からスマホで画像生成をしてみました。普段PCでSDを使っている方から、画像生成AIを触ったことがない方まで、『生成AI GO』は2週間お試しで使えますので、是非この機会にお試しください。
Stable Diffusion

『生成AI GO』でCivitai上の高品質SDXLモデルを使って画像生成してみた

Stable Diffusionのオンラインサービス『生成AI GO』を使ってCivitaiで公開されている高品質のSDXLモデルを使った画像生成の手順を示します。ここでは、こたじろう氏の開発した「fuduki_mix」を使ってリアルな日本人美女を出力してみます。
Stable Diffusion

初心者向け『生成AI GO』を使ってAI美女を生成する方法

Stable Diffusion初心者がオンラインサーバーでStable Diffusionを使える『生成AI GO』を使ってAI美女を作る方法をまとめました。設定する部分が多くて難しいStable Diffusionですが、まずはAI美女を例にAI画像生成を簡単に作れる手順の例の説明します。どこからやったら良いか分からない方は是非ご参考ください。
Stable Diffusion

『生成AI GO』で快適Stable Diffusion環境を手に入れる

『生成AI GO』というStable Diffusionのクラウドサービスが正式サービス開始しました。高性能なPCを持っていない方でも『生成AI GO』ならクラウドで動作するので、PCのスペックによらず快適にStable Diffusionを使えます。今なら登録すれば2週間無料で使えるので、試しに使ってみたいと思った方は是非登録してお試しください。このサイトで配布しているクーポンを使うと2週間の無料期間に加えて、初月の月会費は半額になります!※本記事は『生成AI GO』の広告およびプロモーションを含みます。
Stable Diffusion

SD WebUIでSDXLのControlNetを使う

Stable DiffusionのWebUIですが、SDXLへの対応に続いて、拡張機能のControlNetがアップデートによりSDXLに対応できるようになりました。早速アップデートして使ってみました。
Stable Diffusion

Stable Diffusion WebUI+SDXLで高画質画像生成2023年9月最新版

Stable Diffusion WebUI AUTOMATIC1111のv1.6.0にアップデートされてリファイナー対応のSDXLに完全対応となりました。ここでは、SDXLをフルで使うためのWebUIのv1.6.0の使用方法をみていきます。
Stable Diffusion

Stable Diffusion WebUIのバージョン1.6.0のアップデートを試してみる

2023年8月末にStable Diffusion WebUI AUTOMATIC1111がリファイナーに対応したバージョン1.6.0にアップデートされました。ここでは、アップデートの方法を解説し、アップデートのポイントを確認してみます。
Stable Diffusion

Stable Diffusion用にSSDを増設してみた

Stable Diffusion用にM.2のSSDを増設してみました。同じように増設を考えている方はご参考ください。特に今はSSDの値段も1年前より随分下がっているので、チャンスです。
Stable Diffusion

ComfyUIでSDXLのControlNetの使い方:Canny&OpenPose

SDXL版のControlNetも徐々に出揃いつつあります。日々更新されて新しいモデルが出てきています。今回は現時点のSDXL版のControlNetとして、CannyとOpenPoseを使ってみます。
Stable Diffusion

ComfyUIの拡張機能を管理するComfyUI-Managerのセットアップと使い方

ComfyUIの拡張機能を管理するのに便利なComfyUI-Managerをセットアップして使ってみます。WebUIのExtensionsのような機能だそうです。拡張機能の一部については、手動でライブラリをインストールが必要になるものもある...
環境構築

Windowsのターミナル、PowerShell、コマンドプロンプトなどのCLIの最低限の使い方

コマンドラインインターフェイス(CLI)は、PCに直接コマンドを入力するインターフェイスです。今のOSはほとんどがグラフィカルインターフェイス(GUI)と言われるウインドウが開いて、パラメーターを入れたり、スライダーを動かしたり、選択肢から選択したり、ボタンを押したりして使うアプリがほとんどなので、CLIの「黒い画面」を見ると急に難しく思ってしまうかもしれません。(2年前の私がそうでした。。。)とはいえ、Stable Duffusionで環境を構築をしようとしたら、CLIのコマンドを使う必要があります。ここでは、CLIを使うために知っておいた方が良い最低限のコマンドを説明します。
Stable Diffusion

SDXL版AI美女の生成検討:ComfyUIでのLoRA使用含む

Stable DiffusionのアップグレードバージョンのSDXLでAI美女の生成検討をしてみました。今回はCivitaiなどで公開されている商用利用可能なモデルおよびLoRAを使って、プロンプトを工夫しつつ、より自然なAI美女の生成を検討してみました。是非皆さんの創作の参考にしていただければと思います。
Stable Diffusion

CounterfeitXL-βの表現力が凄い

Stable Diffusionの新バージョンSDXL1.0ベースの学習済みモデルCounterfeit-βの使用感を紹介します。CounterfeitXLはSD1.5版の開発もしたNahidaDiffusion氏が作成した人気モデルのCounterfeitのSDXL版です。使ってみた感想ですが、、、兎に角すごいです。元のSDXLのベースモデルの影響もあるのだとは思うのですが、LoRAを使わずにプロンプトのみで様々なバリエーションの画像が生成できるのです。つまり、プロンプト次第でこのCounterfeitXLがあるだけであらゆるイラストが生成できます。ここではその片鱗を例示したいと思います。
Stable Diffusion

ComfyUIのインストール方法と使用法

Stable DiffusionでSDXLになってWebUIでは重かったり、一部機能がうまく使えなかったりしているようなので、ComfyUIを導入してみます。以前、インストールしたいことがあったのですが、使い勝手がWebUIの方がよかったり、使いこなすのが難しかったので、結局使わず仕舞いでした。今回、SDXL用にインストールして検証してみます。
Stable Diffusion

SDXLなどの生成AIをするのにおすすめのPC(2023年8月版)

Stable Diffusionの新バージョンSDXLやMetaのLlama2などをローカル環境で使うのに最適なPCを選定してみました。よく人に聞かれるので、私ならこれを買いたいというPCを選びました。ちなみに私は自作PCでRTX3080の10GBを使っていますが、SDXLやLlama2ではやや力不足感を感じており、近々買い替える予定です。。。
スポンサーリンク