Windows11へのLinux環境の構築

スポンサーリンク
全般
スポンサーリンク

はじめに

新しいPCを購入し、改めていろいろな環境構築をすることになったので、Windows11にLinux環境を構築の手順をメモとして残します。WindowsへのLinuxの導入はWindows Subsystem for Linux(WSL)を使った方法がデフォルトでサポートされているから非常に簡単です。

MicrosoftによるWSLのドキュメント

上の公式ドキュメントの説明に従って導入していきます。

WSLのインストール

まず、ターミナルを管理者モードで立ち上げます。ターミナルのアイコンを右クリックして、「管理者として実行」を選択します。セキュリティ警告ができますが、「OK」を選択します。立ち上がったPowerShellに以下のコマンドを入力して実行すると、ubuntuのインストールまで行ってくれます。もし、ディストリビューションを選んでインストールする場合は、「wsl.exe -l -o」で使用可能なディストリビューションを選んで、「wsl.exe –install -d <Distribution Name>」でもインストールできます。

wsl --install
インストール中: 仮想マシン プラットフォーム
仮想マシン プラットフォーム はインストールされました。
インストール中: Linux 用 Windows サブシステム
Linux 用 Windows サブシステム はインストールされました。
ダウンロード中: WSL カーネル
インストール中: WSL カーネル
WSL カーネル はインストールされました。
ダウンロード中: GUI アプリ サポート
インストール中: GUI アプリ サポート
GUI アプリ サポート はインストールされました。
ダウンロード中: Ubuntu
要求された操作は正常に終了しました。変更を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

正常に終了したら、システムを再起動します。
再起動すると、ubuntuが起動して、user名とパスワードを聞いてくるので、ご自分の好きなuser名のパスワードを設定してください。次回からはubuntuを立ち上げると自動でこのuserで起動してくれます。

Installing, this may take a few minutes...
Please create a default UNIX user account. The username does not need to match your Windows username.
For more information visit: https://aka.ms/wslusers
Enter new UNIX username: 
New password:
Retype new password:

ubuntuの起動確認

ubuntuは以下のような方法で起動できます。

  • アプリからubuntuアイコンで起動
  • ターミナルなどで「ubuntu」とコマンドを入力
  • VSCodeでターミナルの追加で「ubuntu」を選択

参考

例えば、ubuntuに競技プログラミング用にPythonの環境構築をした過去記事を紹介します。また、マイクロソフトのチュートリアルでは、Gitやデータサイエンス用の環境構築の例なども記載されています。

全般
スポンサーリンク
鷹の目週末プログラマー

コメント